地下鉄

2011年12月31日 (土)

谷町線の車両たち

年の瀬、大晦日ですね。今年最後の日の記事は、大阪市営地下鉄谷町線の車両たち。

30000系投入と、それに伴う30系置き換え、また、22系の更新車と、話題に事欠かない路線です。
 
 
Dsc09341

大阪市営最古参の、30系 こちらはアルミ車なので、まだ先は長い・・・はずですが、先日アルミ車からも廃車が出ました(3048F)ので、安泰とまでは言えないようです。
セミステンレス車はあと2編成。こちらは来年度中(?)には廃車になりそうです。
 
 

Dsc09352

一方こちらは、最新30000系の中でも、最新増備車32607Fです。
強烈な新車臭をホームに残し、去って行きました・・・(^_^;)
 
 


Dsc09359


こちらは、22系の22603F。パッと見は普通の22系ですが、側面が30000系風になっていますね。
中間更新工事を受け、内装も更新されていますし、VVVFインバータ装置も日立IGBTのものに変更されています。
今のところ更新車は1編成のみなので、注目の編成です


Dsc09365
 

Dsc09364
こちらは、細かい話になりますが、22659F。下の写真を見るとわかりますが、旅客案内装置が未設置です。
旅客案内装置が未設置の編成は、この編成が最後です。ある意味、レアな編成です。
 
 


Dsc09348
こちらもまた細かい話ですが、尾灯が交換されています。
 
 


Photo
  
左が従来のもの、右が新しいものです。(イメージ図)
新しいものは、LEDが縦に6つ並んでいるタイプで、従来の全体が赤く光るタイプとは違っています。
新しいもののほうが輝度が高いようです。
 
 
 
残り2編成のステンレス車は、今回の撮影では出会えませんでしたが、しばらくは時間がありそうですので、その際にでも。
 
 
ということで、今回はこのへんで。
それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

京都市交通局 醍醐車庫 一般公開

寝屋川車庫の一般公開と同じ、10月17日に、京都市営地下鉄東西線の醍醐駅に併設されている醍醐車庫の一般公開がありましたので、行って来ました。
寝屋川にも行きましたが、それはまた別記事で、ぼちぼち書こうと思っています。

 
Dsc08808
入り口が受付場所
 


Dsc08753
地下へ潜入します!


Dsc08754
最初についたのは、検車場 地下にこんなに広い空間があるとは!


Dsc08756
ピット線には、特製のHMが取り付けられた50系車両がいました。
 


Dsc08765
ピット線の、車両の床下を通ることができました なかなかできない経験 台車とか間近でじっくりみることができました


Dsc08773
運転台にも入れてもらえました 思ってたより広い印象 ペダルを踏むと、あの独特の警笛が・・・笑
 
 


Dsc08776
ピット線に並ぶ車両

Dsc08780

Dsc08781

Dsc08782

Dsc08783
台車やモーター、パンタグラフなど、普段直接お目にかかれない部品の数々も展示されていました。パンタグラフ、下枠交差式だったとは・・・


続いては、さらに地下深くへ移動 留置線のフロアです 留置中の車両がいました


Dsc08788_2
ずらりと並ぶ車止めが見事
 

Dsc08789

こうしてみると、標準軌って広い

Dsc08794
こちらは、車輪転削機


Dsc08796
この先は出入庫線につながっています


Dsc08801
脇にそれていく作業線のようなところへ、トンネルを進んでいきます


Dsc08802
こちらにはモーターカーが展示されていました。

Dsc08804
最後にあったのは、巨大な開孔部 車両を搬入するための穴です
 
エレベーターで一気に地上へー


Dsc08806

さきほどの開孔部を地上から見るとこんな感じ 蓋がされています


と言った感じで、1時間弱で見学終了となりました!


各箇所に職員の方が説明要員としておられ、すれ違ったり近くを通るとあいさつしていただけて、説明もとても丁寧でわかりやすく、とてもいい印象を受けました(普段、同じ交通局の市バスの運転手さんの態度を見ているだけに・・・(^_^;))
見学受付時間をずらして設定するなどの工夫があったため、ほとんど混雑することなく、じっくりと見学できたこともまたよかったです。


普段はホームドアがあるので直接その姿を拝むのが困難な50系の姿を生で見ることができて、とても感動しました!


このあと、寝屋川車庫へ向かいました。それはまた後ほどの記事で・・・
以上です!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

ようやくコンプリート

毎日使っていると、さすがに週に1度は必ず出会う30000系
 
 
写真に収めることはなかなかなかったのですが
 
今日ようやく全編成を写真に収めることができました
 
 
32601F 
32601f
 
32602F


32602f
 
32603F


32603f
 
32604F

32604f1
 
 
携帯で撮影したものばかりなので、クオリティは低いですが・・・(^-^;
 
 
もはや入線時の音で聞きわけができるようになりました。台車の音の響きが違うんですよね。あと警笛でそれとなく分かったり。
 
見慣れたとはいえ、やはりこの子たちが来るとテンションが上がります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月31日 (金)

30000系

というと、近鉄が浮かぶ方もいらっしゃるかもしれません

私は真っ先にこの子が思い浮かびます

P1100517

最初は1編成しかなく、虎の子的存在だった30000系

Photo

最初は前面行先表示がオレンジ色のLEDでしたが、第2編成以降が白色のものに変更され、この第1編成も量産化改造を受けて白色LEDに変更されました


今年に入り相次いで3編成が増備され、3日に1回ぐらいは見かけるようになりました。

P1100283

第3編成も何度も見かけますが、写真は撮ってないみたい(^_^;)


今度出会ったら撮らせてもらおう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

【大阪市交】ついに谷町線仕様もキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

交通局オリジナルストラップ「駅名携帯クリーナー(谷町線版・四つ橋線版)」を発売します

http://www.kotsu.city.osaka.jp/news/news/h22/100720_eki-strap.html

ついに我が愛用の谷町線仕様も発売されることになったようです(≧∇≦)

これは買わねば(笑)

僕は最寄の某駅のものを買おうと思ってますヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大阪市交】30000系第4編成まもなく運用開始!

http://www.kotsu.city.osaka.jp/news/news/h22/100716_yuudouon.html

大阪市交通局の公式ホームページにて、32604Fの運用開始時期がアナウンスされました

第4編成ではドアチャイム(開扉中に「ポーン」という音が一定間隔で鳴るタイプ)を採用しているそうです

7/23運用開始予定とのことで、楽しみです

最近30000系を見かける機会がかなり増えましたヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月30日 (水)

30000系に出会いました

久々の更新です。

今回は京阪の話題ではないですが、今日、最寄り駅で大阪市営地下鉄の30000系に出会いました。

P6301002

32601F トップナンバーです。登場時は前面の行先表示機がオレンジ色のLEDでしたが、

第2編成の登場時に量産化改造を受け、白色の表示になりました。

92

▲量産化改造前 谷町九丁目駅にて

量産化改造を受けた後にはじめて撮影できました

| | コメント (0) | トラックバック (0)